ジーニアスコース授業体験を開催

プログラミングキッズでは、2019年から入会したい、検討したい方向けに「スクール説明&プログラミング体験会」を開催しています。 授業体験会では、実際の授業の雰囲気を見ていただき、お子様にはプログラミングの体験ができるように準備しています。 参加を希望される方はお申し込みください。


プログラミングキッズ

ジーニアスコース概要

プログラミングキッズジーニアスコースは、中高生向けプログラミングスクールです。プログラミング未経験の中学生、高校生が基礎から学ぶことができます

  • プログラミング未経験者OK
  • パソコンレンタル可
  • 個別学習型で進みます

プログラミング教育の重要性

2020年から必修化
これからの未来の世界で進行していく「グローバル化・情報化」の大きな2つの流れに対応するべく、文部科学省は2020年からプログラミング教育の必修化を決定しました。グローバル化の対応のためには「英語教育」を、情報化の対応のためには「プログラミング教育」を行うことで、世界に通用する世界的人材の育成を目指しています。日本の成長戦略のひとつとして、明確にIT分野が位置づけられているのです。
子どもたちの未来
テレビCMでも使われている「私たちは今までの大人の後輩なんかじゃない。私たちはスマホと大人になっていく、たぶん、初めての人類だ」という台詞からもわかるように、子どもたちが大人になっていく、10年後、20年後の未来は、私たちが想像できないレベルでのITの進化がおこり、社会構造が劇的に変化していくでしょう。この新しい時代に適応し、世界を舞台に活躍できる人材になるために、早い段階でのIT教育が必要なのです。
シンギュラリティ
今、5歳の子どもたちが成人して、社会に出て行く20年後は、シンギュラリティと呼ばれる技術的特異点が迫っている時代です。2000年以降、急速にITが進化・普及していった以上に、今後は様々な技術やAIが進化し、世の中が変わっていくことでしょう。この未来を生き抜くための21世紀型スキルとして、プログラミングスキルが必要です。
海外での取り組み
日本のプログラミング教育の必修化に先駆けて、既に海外では「コンピューティング」「プログラミング」として必修化されており、小学1年生から授業を受けているケースがあります。
IT企業の著名人
世界的に活躍しているIT業界のリーダーの多くは、子どもの頃・学生時代から既にITに触れています。子どもの頃からの進路の選択肢の幅を広げるためにも、IT教育が必要だということがわかります。
失われる職業・生まれる職業
英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授は、「人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる」と論文で発表し、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという予測を行いました。レジ係・電話のオペレーター、簿記会計監査の事務員など、様々な仕事がコンピューターにとって代われる時代が迫っています。
従来の職種・仕事が機械にとって代わられる中で、当然、コンピューターの進化に合わせて、新しく生まれる仕事、今後さらに増えていく仕事もたくさんあります。システムエンジニアやプログラマーはもちろんのこと、
セキュリティサイエンティスト
データサイエンティスト
AIコーディネーター
といった耳慣れない、新しい仕事がこれからは時代の中心になっていく可能性が高いのです。
10年後、20年後の未来では、ますますコンピューター・AIなどが人々の仕事のかわりをしていくことになるでしょう。
そういった機械に使われる側、仕事を奪われる側になるのではなく機械を使う側、創る側になるために、プログラミング教育が必要だといえます。

ジーニアスコース4つの特徴

01 納得がいくまでとことん出来る

スクール形式での授業でありがちな時間で区切られて学習するスタイルですと、理解出来ている、出来ていないに関わらず時間がきたら終了となってしまいます。基本が分からないまま進捗だけが次々と進んでも意味がありません。私たちは、頭をスッキリとさせて学んで欲しいと考えます。個別学習スタイルをとっているのはそのためです。じっくり自分のペースで理解しながら進めることができます。

02 教えるからこそ理解が深まる

教室では分からない点は、まずは生徒同士で解決策を探ります。進捗が早い子は理解しているはずですが、自分の頭で理解できている状態と、他の子に理解できるように伝えることができる状態は次元別です。しっかりと自分の言葉で伝えることができたら理解できる証拠。教えることで知識が定着し、自信がつきます。 それでも分からないときはメンターに質問。しっかりと理解しましょう。

03 毎回のルーティーンで成長を知る

授業では毎回のルーティーンがあります。授業開始前のルーティーンはタイピング練習。毎回継続的に実施することで確実にタイピングを身につけます。頭で考えたスピードでタイピングできるようになると学習効率は格段にアップします。また授業の終了時のルーティーンは、振り返りとまとめの作業。今日学んだ内容が何であるのか、何に気をつけるとうまくいくのか、自分のことばで整理します。前回記入した内容も見ることができますので、自分の成長を確認することにも繫がります。最後は学びの発表です。皆の前で発表することで互いを知り、信頼関係を築く第一歩となります。

04 パソコン未経験でも大丈夫

高度な内容まで実践するジーニアスコースではありますが、最初は誰でもパソコン未経験者です。まずはコンピュータに触って無限の可能性に触れて見て下さい。パソコンレンタルも行っておりますので、お試し参加も可能です。興味をもてたら、あとはとことんその知的好奇心を満足させて欲しいと思います。

ジーニアスコースで学ぶ内容

初級
タイピングやショートカットなどパソコンの操作から始め、プログラミングの基本となるアルゴリズムを学びます。 簡単なプログラムを自分で作成できるようになります
中級
簡単なミニゲームの作成にチャレンジします。単体のプログラムではなく、複数のファイルを使った複雑なプログラミングを体験し自らプロダクトを設計、作成します
上級
複雑なWEB開発、AIや先端技術を用いた開発を行います
単なる技術指導に留まることなく、プロダクトを創り出す目的、プロダクトのあり方を見つめ考える時間を持ちます

学習スタイル


個別学習

学校のような講義形式ではありません。個別にカリキュラムを進めます。自分のペースで進めることができます


タブレット

タブレットが教科書です。タブレットを見ながら、プログラムを進めます


プログラミング

未経験者でも、確実に成長を実感できるカリキュラムです。簡単なプログラムからミニゲームの作成まで行います


パソコン

プログラムだけでなく、インターネット、パソコン、タイピングなどコンピュータに関わることから学びます


テックタイム

未来のテクノロジを研究する時間があります。話を聞くだけでなく、自分たちでアイディアを出して、プレゼンテーションを行います


サポート

幼稚園、小学生、中高生に対するサポート経験の豊富なエンジニアが学習を支援します。個別学習なので、自由に質問することができます

カリキュラム

JavaScript
まずは基礎的なHTML&CSSを学びます。その後、JavaScriptの基本的な処理を習得します。徐々にミニゲームの作成に取り組みます
Python
人工知能などで利用されているPythonを学ぶことができます。基本的な文法から、Pythonを利用したゲームの作成に挑戦します
オリジナルに挑戦
学んだプログラムを基に、オリジナルアプリケーションの作成に挑戦します
単なる技術指導に留まることなく、プロダクトを創り出す目的、プロダクトのあり方を見つめ考える時間を持ちます

教室紹介

教室
池尻大橋校
東京都目黒区東山3-15-1
出光池尻ビル7F
開講日
毎週水・木・土曜日 18:00-19:50
※年末年始、GWはお休みとなります
入会後、年間計画表を配布します
入会金
入会金10,000円
(税込み10,800円)
月謝
月謝22,000円
(税込み23,760円)
パソコン
レンタル費
月額2,500円
(税込み2,700円)
※パソコンをレンタル場合、必要になります。パソコンを持ち込む場合、不要です

池尻大橋校